« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月19日 (土)

TX5の感想

20100612dsc00101 DSC-TX5

やっぱりいつも手元にカメラがあるというのが一番重要ですよね!
携帯電話入れにも入ってしまうこのサイズと、それでいて防水・防塵・耐衝撃仕様。
高感度もISO400-800までは使えそうですし、電池も容量を考えれば頑張っていると思います。タッチパネルのレスポンスはもう一頑張りですが、インターフェースは悪くないです。

20100615tx500184 DSC-TX5

気になる点は、
液晶のダイナミックレンジの狭さと解像度。
撮影後の確認画像の表示設定がない。(常に2秒くらい表示)
広角25mm時の4隅の甘さ。(サイズ考えると仕方ないと思ってます)
低ISO感度時の画質。

20100618tx500256 DSC-TX5

20100618tx500255 DSC-TX5

このサイズですから画質に関しては予定通りではあります。
思ってたより良かったかなぁ?くらいです。
もう一切れあると水中撮影にも期待が膨らむのですが、低感度ではTZ7の方が解像感のある写真が撮れそうです。ISO400以上ではTX5でしょう。

20100616tx500223 DSC-TX5

20100618tx500245 DSC-TX5

20100616tx500233 DSC-TX5

20100617tx500242 DSC-TX5
この日は風景がジオラマのように見える日で面白かったです。
ガメラが何時来てもおかしくないような(^.^)

20100618tx500250 DSC-TX5

20100612dsc00122 DSC-TX5


|

2010年6月10日 (木)

DSC-TX5

今回の西表島旅行に用意したカメラは、
じゃ~ん!!!
Dsctx5_red_3
ソニーのサイトより... なんと横着でしょう\(◎o◎)/

突然ですがISO3200
20100609tx500038_2
DSC-TX5
たいしたものです。こんな小さなセンサーで良く残してます。

20100609tx500069
DSC-TX5

20100610tx500079
DSC-TX5

念願の防水・防塵仕様!!
これとK7でばっちりです(^^)v

思っていたより画質も悪くないし、何よりコンパクト!
電池の持ちが残念なようですが、防水仕様でバッテリー持つのは
あまりなくパナのFT2が360枚でダントツなようです。
TX5は250枚。何故TX5なのかといえばTZ7持ってるからFT2では
面白みがないから・・・可愛くないし。

20100610tx500082
DSC-TX5

広角側25mmは微妙なところです。こんなものでしょうか?

20100610tx500080
DSC-TX5

20100610tx500084
DSC-TX5

スイングパノラマは画期的ですね~ 動画も悪くなさそうだし
次の機会にでもUPしたいと思います。

|

2010年6月 6日 (日)

まぁ期待が大きかっただけに・・・

K70193_6  
K7+A09

ん~ やっぱりアップロードすると色が抜けますね~
昔からなのだろうか?今更気付くとは(^_^;)
もっと赤みがあるはずなのですが・・・

K70197
K7+A09

K70198 K7+A09

NEX-5触ってきました。
AFは思っていたより速いですね、PENシリーズより良好な感じ。
パンケーキもズームレンズも同じくらいかな。
操作性もホイールのおかげで絞り等レスポンス良く動きます。
シャッターボタンのところにズームレバーみたいの付けて、
露出コントロール出来たら最高なんですけどね!
E-PL1にホイール付いてたら買ってたかもなぁ~

問題は画像...^^; これだけ見たらE-PL1買います!
どこが?といわれると全般的に足りていないような感じ。
高感度強くした代償でしょうか?

K70199 K7+A09

|

2010年6月 5日 (土)

ありがとうございました

15年間一緒に仕事をし仕事の師匠であり、昔からのペンタックスユーザーでA28F2.8やA50F1.4を頂いたり、FA☆レンズを貸してもらったりと良くして頂いた方が先日突然亡くなりました。脳内出血だったそうです。

K70207
K7+A28F2.8

突然の訃報に驚きよりも、なんとも現実味がありませんでしたが、
安らかに眠る顔を見て、今日も一緒に仕事をしている筈だったのにと
涙が止まりませんでした。

帰り道、空を頂いたA28で撮影しながらお別れしました。

K70214 K7+A28F2.8

K70215
K7+A28F2.8

安らかにお休みください。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »